文庫

実話異聞 狐火怪談

【商品内容】

青白き妖炎が異界へと誘う恐怖譚!

信号待ちの車にぶつかってきた老婆の叫び「どっちだ?」の意味とは…「道の先に」、公演初日を前に舞台に供える酒。翌朝、黒い濁りが…「演劇の神様」、鬼怒川の河川敷に打ち上がった鯉の口から言葉が…「栃木の怪 其ノ参 忠告」、階段の踊り場の窓から見える光。そこにはある法則が…「夜、光る」、シャンプー中、客の頭の中に指が沈むことがあるという美容師。一体何が…「しずむ」、保育園の子供たちの口に上る存在しない子の名前。その正体とは…「園児は見た」、結婚に縁遠い女性。実家の雛人形を出してみると驚愕の事実が…「私のお雛様」、亡くなった同級生の家に線香をあげに行った帰り道に体験した奇跡…「君の名を」ほか、体験者の想いごと受け取って綴る全36話収録!

  • 著者名:松本エムザ
  • 発売日:2022年08月29日
  • 定 価:748円 (税込)
  • ISBNコード:9784801932340

発売日は地域によって前後する場合があります。

立ち読み

公式サイト

購入サイト

下記ネットショップよりお選び下さい。

ページトップへ