文庫

実話怪談 牛首村

【商品内容】

北陸最凶の地と、日本の村の恐怖に迫る――!

* * * * * * * *

北陸に最凶とうたわれる二つの心霊スポットがある。富山県魚津市の山中に取り残された坪野鉱泉の廃ホテル。そして、石川県と富山県の県境にある曰く付きの隧道、通称「牛首トンネル」がそれである。坪野鉱泉では、肝試しに訪れた少女二人が失踪する事件が起き、24年の時を経て遺体が海から発見されたものの、いまだ多くの謎が残されている。

映画「牛首村」の舞台ともなったこれらの地の闇を徹底検証、坪野鉱泉ホテルの探索ルポのほか、日本各地に残された不気味な廃村を写真付きで紹介する。また、坪野鉱泉や隧道で実際に起きた怪奇事件、口減らしや神隠し、双子や牛に纏わる恐怖の村怪談も収録。

北陸最大のミステリーに迫る、実話怪談版・牛首村!

【収録内容】

●坪野鉱泉怪談紀行(吉田悠軌/著)
●坪野鉱泉ホテル 探索ルポ(栗原亨/著)
●廃村の歩き方(栗原亨/著)
・廃村・峰(東京都)
・十七つの家(茨城県)
・柏崎トルコ文化村(新潟県)
・松尾鉱山 緑が丘住宅群(岩手県)
・永谷集落(福井県)
●牛首実話怪談
「禍地」しのはら史絵
「牛首トンネル」営業のK
「トンネルの果て」久田樹生
「何もない場所。」音隣宗二
「光の集団」影絵草子
「子返しの女」青葉入鹿
「下見」青葉入鹿
「水音と鳴弦」しのはら史絵
「はしらげの立つ村」丸太町小川
「てれんこしょって」丸太町小川
「双児」久田樹生
「ホテル廃墟」神沼三平太
「山の中で」久田樹生

  • 著者名:吉田悠軌 ほか
  • 発売日:2022年01月20日
  • 定 価:748円 (税込)
  • ISBNコード:9784801929272

発売日は地域によって前後する場合があります。

立ち読み

公式サイト

購入サイト

下記ネットショップよりお選び下さい。

ページトップへ