文庫

「超」怖い話 壬(みずのえ)

【商品内容】

体験者の肉声を直に聞き記した骨太実話怪談集。

乗ろうとしたエレベーターに自分そっくりの誰かが乗っている…「忘れ物」、山の神と言われた曾祖父が地上げ屋に飲ませた黒い水…「第三の水」、子供が何人も死んでいる神社の裏の溜め池。村に響く鐘の音は…「騒音」、家族が連続死した一家。残された娘がどんど焼きで焼いていたのは…「姉ちゃんだけはまとも」、認知症の症状が出始めた祖母の部屋から聞こえる異音。覗くと祖母は仏壇に向かって…「吸う」、紙と鋏で客の横顔を瞬時に切り抜いてみせる切り絵職人。彼には秘密のコレクションが…「リバイバル」、山道でへたり込む革靴の男。彼が必死に追うのは一体の西洋人形…「腹話術」、自殺した生徒の顔で作った十五パズル。顔を元に戻さないと恐ろしいことが…「パズル」ほか。

松村と深澤、異なる二色の恐怖が混じり合う戦慄の化学反応!

  • 著者名:松村進吉(編著)/深澤夜(共著)
  • 発売日:2022年07月29日
  • 定 価:748円 (税込)
  • ISBNコード:9784801932074

発売日は地域によって前後する場合があります。

立ち読み

公式サイト

購入サイト

下記ネットショップよりお選び下さい。

ページトップへ