文庫

パンデミック・ゲーム

【商品内容】

幼馴染みの真希に連れられて勇人が向かった先は≪グローバルユース討論会≫。文科省が日本に縁のある各方面で才能を有した青年たちを招いた討論会だ。世界的女優の真希は日本代表として招待されており、勇人はひそかに想いを寄せる幼馴染みに付き添ってきたのだった。招待者しか入れない会場へ、荷物を置くついでに見学してきなよと真希のIDカードを渡されて勇人が入った矢先、警告音が響きわたり施設は封鎖されてしまう。会場周辺に毒ガスが散布され、モニターに映しだされるのは人々が死んでゆく様子、その中には真希の姿も……。閉じ込められた各国の代表に続けてアナウンスが投げかけられる。
「皆さんにはそれぞれの地域を代表した《人類絶滅感染ゲーム》に参加してもらいます」
――負けた地域には殺人ウィルスが散布されるという非情なルール。有名探偵のような衣装に身を包んだアメリカ代表・シルヴィアをはじめ、各国の代表者たちがゲームの仕掛け人は誰かと疑心暗鬼に陥る中、ただひとり一般人である勇人は真希の死への悲しみと日本の命運を背負ってゲームに挑戦する――。

感染注意!
国家の命運を賭けた戦い《人類絶滅感染ゲーム》が今始まる!

  • 著者名:山口洋一
  • 発売日:2014年10月30日
  • 定 価:715円 (税込)
  • ISBNコード:9784801900363

発売日は地域によって前後する場合があります。

立ち読み

公式サイト