書籍

侯孝賢(ホウ・シャオシェン)と私の台湾ニューシネマ

【商品内容】

“1982年。台北のカフェ、明星珈琲館で私はこの人と出会った――。”

『恋恋風塵』『悲情城市』など、不朽の名作の数々を侯孝賢とともに創り上げてきた女流作家、朱天文が描く「台湾映画がもっとも輝いていた、あの日々」。

台湾ニューシネマのミューズによる、珠玉のエッセイ集。

侯孝賢と歩んだ台湾ニューシネマ時代/写真が語るあの時 この想い/侯孝賢を語る・侯孝賢と語る

解説 宇田川幸洋
カバー写真・撮影 エドワード・ヤン

発売日は地域によって前後する場合があります。

立ち読み

公式サイト

購入サイト

下記ネットショップよりお選び下さい。

ページトップへ