女囚701号 さそり外伝

イントロダクション ストーリー キャスト・スタッフ 劇場情報 トレーラー

女囚701号 さそり外伝

激しいレイプ事件から冤罪で投獄された松島ナミ(明日花キララ)を待っていたものは、受刑者同士の陰惨なリンチ、レズビアン、看守からの虐待だった。暗殺される前に辛くも脱獄したナミの復讐劇が、今はじまる!

「文句無く面白い」と絶賛の声!!原作小説は、官能時代小説の常識を覆す大ヒット・シリーズ!美貌の女剣士・冴島凛の勇姿と痴態を描いた新感覚エロティック時代劇シリーズ、待望の第2弾!

 女の恨みと体臭でむせかる女子刑務所に、殺人未遂の罪状で囚人701号・松島ナミ(明日花キララ)が収監された。氷のような冷たい表情、凄まじい恨みを内に秘めている彼女を、刑務官は全裸にしてホースで水を浴びせる。冷たい水にも憎悪の炎は消されること無く、刑務官・林(龍坐)に引き渡れたナミは自殺者・不審死が続出している第2雑居房に収容された。  先に収監されている女囚たちにナミは、さっそく集団リンチにかけられ、深夜はナミの素晴らしい肉体を目当てにレズビアンのタツコ(紗奈)から同性愛の誘いが…ナミの愛撫にたまらずタツコの声があがる、途端に集団リンチがナミを襲うが、ナミはボスの女囚の足の指を食い千切ってしまう。懲罰房に入れられたナミの回想が始まった。
 IT業界で若くして成功した杉見(川本淳一)社長に愛されたナミは、ある夜、ディナーの席で、杉見から一人の若手代議士・倉田(松林慎司)を紹介される。杉見の裏の顔は、超高級コールガールクラブの経営者で、渋谷のビルの利権と引き換えに、ナミを倉田のレイプ・ゲームの獲物に差し出したのだった。手錠でベッドに拘束されたナミを、一晩中のように犯す倉田。ようやく解放された瞬間、ナミはペンで杉見の右目を刺した。殺人未遂で逮捕されたナミを、獄中で暗殺するように杉見は刑務官の林を買収していた。林の暗殺計画が失敗に終わったとき、ナミは脱獄に成功した。
 渋谷の夜の街を舞台に、ナミの復讐劇の幕は斬って落とされたのだった…果たして?


C2011 篠原とおる/竹書房/新東宝映画 当サイトに掲載されている一切の文書・図版・写真等は株式会社竹書房が管理しております。
劇場版「艶剣客〜くの一媚薬責め」公式サイト 劇場版「艶剣客2〜くの一色洗脳」公式サイト 女囚701号 さそり 外伝〜ストーリー〜イメージ01 女囚701号 さそり 外伝〜ストーリー〜イメージ02 女囚701号 さそり 外伝〜ストーリー〜イメージ03 女囚701号 さそり 外伝〜ストーリー〜イメージ04 女囚701号 さそり 外伝〜ストーリー〜イメージ05 女囚701号 さそり 外伝〜ストーリー〜イメージ06 女囚701号 さそり 外伝〜ストーリー〜イメージ07 女囚701号 さそり 外伝〜ストーリー〜イメージ08