女囚701号 さそり外伝

イントロダクション ストーリー キャスト・スタッフ 劇場情報 トレーラー

女囚701号 さそり外伝

原作コミックは、劇画界の巨匠・篠原とおるの伝説的名作「さそり」! 映画化第1作が1972年に公開されて以来、大ヒットシリーズとなった女囚映画の最高峰作品を、人気No.1セクシー女優“明日花キララ”主演でリメイクしたエロティック超大作!

映画『さそり』(原作 篠原とおる)シリーズとは――
 恋人に裏切られた挙句、冤罪によって投獄された女囚・松島ナミを主人公とした女囚映画の最高傑作シリーズ。収監された女子刑務所内での看守や女囚による集団リンチや陵辱、同性愛の罠、権力者による暴力に超人的な精神力で耐え「恨み」を蓄積していき、最後には自分を陥れた男たちに復讐する物語。このストーリーは、多くのファンを獲得し、2009年には水野美紀主演で香港映画が制作されるなど、圧倒的な人気を持続させている。
 1972年に東映で公開された映画化第1作は、伊藤俊也監督の個性的な演出と主演女優・梶芽衣子の強烈な存在感で、大ヒット映画となった。その人気は日本国内にとどまらずクエンティン・タランティーノ監督が、ハリウッド映画『キル・ビル』シリーズで梶芽衣子の歌う「恨み節」を使用したことからも、世界的であることを伺わせる。

実写映画『女囚701号 さそり外伝』とは――
伝説的名作女囚映画「女囚701号 さそり」をリスペクトし、第1作映画の暴力表現と性描写を尊重した内容を、現代のネット社会に置換え、オンタイムのスタッフとキャストで表現した劇場公開用映画。主演女優は、本作が劇場公開映画では主演題一作となる人気No.1セクシー女優“明日花キララ”。TVドラマ「嬢王」で魅せた演技力と強烈な視線で、栄光ある人気シリーズの主演を獲得した。メガホンをとったのは、「ゼロウーマンR」「新・監禁逃亡2」「艶剣客」「艶剣客2」など数々の大ヒットした劇場公開系セクシー・アクション映画を演出した藤原健一監督。
貞淑なOLが、レイプ・ゲームの獲物にされるダイナミックなエロティシズムから、女囚同士の人目を盗んだ同性愛シーンまで、原作の持つ官能描写を現代的なセンスで描き再構築した「女囚701号 さそり外伝」は、傑作シリーズの再降臨を予感させる。


C2011 篠原とおる/竹書房/新東宝映画 当サイトに掲載されている一切の文書・図版・写真等は株式会社竹書房が管理しております。
劇場版「艶剣客〜くの一媚薬責め」公式サイト 劇場版「艶剣客2〜くの一色洗脳」公式サイト