ビッグプロジェクト「北方三国志」劇画化!! 遂に始動!!

三国志

原作・北方謙三 作画・河承男(ハ・スンナム)

「三國志12 with パワーアップキット」×「北方三国志」スペシャルタイアップ大決定!!!!

ゲーム中に北方謙三先生原作の『三国志』の登場人物が、
コラボ武将の顔グラフィック、武将として使用可能に!!!

「三國志12 with パワーアップキット」詳細 安部譲二氏絶賛!北方謙三が作家生命を懸けて綴った三国志を、河承男が漫画にした。壮大にして悠久の中世中国のロマンを、日本が誇る北方謙三が小説にし、それを韓国の鬼才・河承男が描いたのだから、凄い。

最新刊「三国志10【呂布の死】10月22日発売!!

北方謙三の三国志の魅力は、二千年前の物語に現代人の私たちが驚くほどの臨場を与えたことである。作家の魂が登場人物と共鳴している。これが、河承男の戯画と勇躍している。いやはや語り部とはかくありたいものだ。

曹操は呂布との最後の決戦に挑む。先鋒は、下ヒ城を追われ曹操を頼り、客将となっていた劉備一党。後詰めに二十万の大軍を率いる曹操。絶体絶命の呂布。赤兎馬と配下の黒武者隊は呂布が盾となり戦線を離脱する。遂に広原の怪物・呂布も囚われの身となる。曹操は問う。お前の闘い、殺戮には大儀があるのか。志があるのか。呂布は不敵に笑う。「俺が不思議だろ。心ひとつ動かさず人を殺める俺が…」

覇業を志す男たちが乱世を駆け巡る!!

北方版「三国志」は、「演義」もしくは「吉川三国志」をベースにするのではなく、歴史書「正史三国志」に書かれた史実を元に、想像力と著者独自の解釈を加え、既存のどの「三国志」とも別の新たな世界を築き上げています。節ごとの主要人物の一人称視点でストーリーは進行し、北方氏の描く男の生き方が投影された、ハードボイルド版「三国志」とも言える作品です。

電子書籍版絶賛発売中!

ebookjapanロゴ 電子書籍版のサイトを閲覧
「三国志」はeBookJapan販売サイトにてWindowsPCのほか、Mac、iPad/iPhone/iPod touch、Android端末、Windows Phoneに同時に配信開始されます。

単行本 第1〜4巻大好評発売中!

2011竹書房
電子書籍サイト