ロシア革命アニメーション プログラムA 全8作品(81分)
1.ソヴィエトのおもちゃ 製作年:1924年 時間:10分44秒 監督:ジガ・ヴェルトフ 食欲と性欲を満たし、満腹で動けなくなったブルジョワ。そこへ労働者と農民がやってきて、ブルジョワの腹から税金を絞りとる。1921年に導入された「新経済政策」体制下で生まれた新たな富裕層を痛烈に批判。
2.用心を怠るな 製作年:1927年 時間:2分42秒 共同制作:ニコライ・ホダターエフ 他 イギリスはソ連に禁輸を課すことで経済発展を妨げようとする。そんな企みに屈してはならない。ソ連人民よ、国債を買って資本主義者たちに立ち向かおう!
3.ファシストの軍靴に祖国を踏ませるな 製作年:1941年 時間:2分41秒 監督:アレクサンドル・イワノーフ、イワン・イワノフ=ワノー 飢えたナチスの獣がヨーロッパ地図を蹂躙する。西から東へ、目指すはソ連。しかし同志スターリンに率いられた勇敢な赤軍の手でナチスの野望は脆くも崩れ去るのだ。
4.百万長者 製作年:1967年 時間:9分57秒 監督:ヴィトールド・ボルジロフスキー、ユーリー・プルィトコフ アメリカは、金さえあれば動物だって代議士になれる国。ブルジョワ婦人が自分の飼い犬のブルドッグに100万ドルを贈与。金と権力を手に入れたブルドッグはついにはアメリカ議員にまで上り詰める。
5.予言者と教訓 製作年:1967年 時間:9分32秒 監督:ヴャチェスラフ・コチョノチキン ソ連の台頭に怯える資本家たちが怪しげな予言者に群がる。「5カ年計画は机上の空論」「ファシストとの戦争に敗北」「スプートニクの打ち上げは失敗」、気前のいい予言の連発に狂喜する資本家たち。でも予言は全て大外れ。
6.狼に気をつけろ 製作年:1970年 時間:16分53秒 監督:エフィム・ガムブルグ ヨーロッパ山中で発見された野生の狼少年。孤児院に引き取られた彼は何とか人間性を取り戻すが、あるときナチスの再興を目的とする組織に捕らえられ、戦闘員として再教育を受ける。破壊的イメージに満ちたダーク・プロパガンダ。 
7.電化を進めよ 製作年:1972年 時間:8分58秒 監督:イワン・アクセンチュク ソ連そして東ヨーロッパ全土に電線が行き渡りこの地から暗闇が一掃される。共産圏の科学の進歩をサイケデリックな映像で讃える。「共産主義とはソヴィエトの権力プラス全土の電化である ——レーニン」
8.射撃場 製作年:1979年 時間:19分14秒 監督:ウラジーミル・タラソフ アメリカの失業者の若者が射撃場で生きた標的になるという職を得る。生身の人間を実弾で狙うこのゲームは大当たり、射撃場のオーナーはますます肥え太る。アメコミ以上にポップな記号に満ち溢れた作品。
ロシア革命アニメーション:トップページロシア革命アニメーション:プログラムB