インフォメーション

2020年09月30日

【お詫び】竹書房文庫『シオンズ・フィクション』についてお詫びとお知らせ

平素は格別のお引き立て、ご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。

小社より2020年9月30日(木)に発売いたしました シェルドン・テイテルバウム&エマヌエル・ロテム『シオンズ・フィクション』におきまして誤植がございました。


■目次■
×イスラエルSFの歴史について

〇イスラエルSFの歴史

■P313■
「鏡」の訳者名が市田泉様となっておりますが、正しくは安野玲様です。


関係者並びに読者の皆様には訂正を申し上げるとともに謹んでお詫びを申し上げます。

このようなことが起こらぬよう校正、確認作業を徹底して参りますので、今後ともご愛顧賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

2020年9月30日
株式会社 竹書房
竹書房文庫 編集部

2020年09月25日

〜「これが竹書房のSFだ!」〜 竹書房SFフェア 紙書籍、電子書籍にて同時開催中!

 
竹書房はSF作品にフォーカスしたフェアを紙書籍、電子書籍の双方で開催中です。

じつは竹書房、けっこうSFを出しているんです。でもまだまだ知られていない。「えっ、あのギャンブルとぼのぼのの会社がSFを?」と疑問に思われる方もいるでしょう。

そこで、こんな面白いSFを出しているんです!ということをよりたくさんの方に知ってもらうために、今回SFジャンル単独のフェアを開催します!

紙書籍のフェアでは対象商品にSF文庫フェア専用の帯がまかれて展開されております。帯の応募券を貼ってはがきでご応募いただくと、抽選で豪華ブックカバーをプレゼント!さらに、電子書籍ストアでは約60冊のおすすめSF作品がディスカウントをされております。

ぜひご参加いただき、竹書房のSFを読んでみてください!

※詳細はこちらへ↓

■竹書房SFフェア■
https://www.value-press.com/pressrelease/254098

2020年09月23日

【お詫び】怪談文庫『「超」怖い話 庚』についてお詫びとお知らせ

小社より2020年7月29日に刊行いたしました怪談文庫『「超」怖い話 庚』(松村進吉/編著 深澤夜、原田空/共著)に収録された作品「淡日」(原田空/著)に、荒木飛呂彦先生の作品『ジョジョの奇妙な冒険』(集英社刊)第27巻「DIOの世界7」内の表現に酷似した表現がありました。

確認の結果、当該表現は荒木飛呂彦先生の権利を侵害していると判断し、荒木飛呂彦先生ならびに集英社様に謝罪し、当該書籍を絶版、店頭在庫の早期返品依頼、電子書籍版の配信停止を行いました。

荒木飛呂彦先生、集英社様には改めてお詫び申し上げます。

また、当該作品は体験者への取材に基づき執筆されたものですが、実話怪談そのものの信憑性を傷つける結果となりましたことを読者の皆様にも深くお詫び申し上げます。

今後は、同様の事態が発生することの無いよう、著者と著作権に関する知識を再度確認し、他の著作者の方の作品、権利を尊重した作品作りを徹底してまいります。同時に、体験者への取材に基づく実話怪談の意義をいま一度深く刻んでまいる所存です。

書店様には、ご迷惑をおかけして大変申し話ありませんが、早期返品へのご協力を賜りたくお願いいたします。なお、怪談文庫『「超」怖い話 庚』については、「淡日」を除いた電子改訂版を後日配信する予定です。

今後とも小社怪談文庫をよろしくお願い申し上げます。

2020年9月23日
株式会社 竹書房

2020年09月03日

【お詫び】『近代麻雀』10月号記事「麻雀間違い探し」について訂正とお詫び

平素は格別のお引き立て、ご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。

小社より2020年9月1日(火)に発売いたしました『近代麻雀』10月号の記事「麻雀間違い探し」につきまして、9月号の解答として「間違いは12個」と掲載いたしましたが、実際には13個の誤りでした。

本誌に掲載できなかった間違いの13個目は、『左下の女性の太もも』となります。

関係者並びに読者の皆様には訂正を申し上げるとともに謹んでお詫びを申し上げます。

このようなことが起こらぬよう校正、確認作業を徹底して参りますので、今後ともご愛顧賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

2020年9月3日
株式会社 竹書房
『近代麻雀』編集部

ページトップへ