文庫

上毛鬼談 群魔

【商品内容】

群馬の怪奇案内人として怪談会やメディアで大活躍の著者が、県内で起きた怪奇事件・恐怖体験を徹底調査、全力取材で書き下ろしたご当地実話怪談集。

昭和の頃、桐生駅そばで目撃された森の中のゾンビ。かつてそこでは悍ましい事件が…「マタンゴの森」、古墳に向かって投げた石が投げ返される。石にあたった者は…「高崎の古墳と銀杏の木」、意識を乗っ取られる高津戸峡の橋。自殺の名所の理由「美しい橋」、いじめで自殺した少年が掛けた壮絶な呪い。前橋の一家が背負う運命とは…「呪われた男」、断崖絶壁の途中で聞こえてくる幻の銃声の正体「谷川岳、死のザイル」……他、戦慄の35話。

  • 著者名:戸神重明
  • 発売日:2021年06月29日
  • 定 価:748円 (税込)
  • ISBNコード:9784801927056

発売日は地域によって前後する場合があります。

立ち読み

公式サイト

購入サイト

下記ネットショップよりお選び下さい。

ページトップへ