文庫

ベストSF2020

【商品内容】

SFが、面白い
だから、その歴史を刻み続けよう――

2019年発表された傑作短編SFを読みたいひとへ

* * * * * * * *

新たにスタートする竹書房文庫《ベスト日本SF》に関しては、“初心に戻って、一年間のベスト短編を十本前後選ぶ”という方針を立てた。作品の長さや個人短編集収録の有無などの事情は斟酌せず、とにかく大森がベストだと思うものを候補に挙げ、最終的に、各版元および著者から許諾が得られた十一編をこの『ベストSF2020』に収録している。創元版と比べて、収録作品数とページ数は減少したものの、精鋭中の精鋭が集まったと勝手に自負している。

短歌にお湯を注いで歌を淹れる失われた典雅な趣味の話に始まり、ウルトラスーパーハードな熱力学バカSFや、九種族の存亡をかけた交易に挑むスペース商人(あきんど)オペラなどなど、おそろしく個性的な花々の競演をごゆるりとお楽しみください。

――大森望「序文」より

* * * * * * * *

【収録内容】
円城塔「歌束」
岸本佐知子「年金生活」
オキシタケヒコ「平林君と魚の裔」
草上仁「トビンメの木陰」
高山羽根子「あざらしが丘」
片瀬二郎「ミサイルマン」
石川宗生「恥辱」
空木春宵「地獄を縫い取る」
草野原々「断φ圧縮」
陸秋槎「色のない緑」
飛浩隆「鎭子」

イラスト:Kotakan

  • 著者名:編者:大森望
  • 発売日:2020年07月30日
  • 定価:本体1,400円+税
  • ISBNコード:9784801923508

発売日は地域によって前後する場合があります。

立ち読み

公式サイト

購入サイト

下記ネットショップよりお選び下さい。

ページトップへ