文庫

怪談実話競作集 怨呪

【商品内容】

階段実話に新たな語り手三人が登場!
ぞっとしたあと何かが腹に残る感覚を描く真白圭は、父親の実家に預けられた子供が出会う謎の影とその顛末「般若の人」、イナゴ狩り中に纏わり憑かれたモノとは…「綿菓子」など。
心霊と人間の闇の狭間をたゆたう渋川紀秀は、幽霊をどうにかしろという住民の苦情を受ける管理人の気づき「長年の苦情」、夜間に犬の鳴き声がうるさい、その本当の訳「犬が鳴く」など。
日常の其処此処にある不可思議を見据える葛西俊和は、パチンコ屋でいつも会う爺さんの秘密「運の糸」、親から酒を飲むなと言われていた男が飲んだ時…「禁酒」など。
蒐集された怪異は三者三様、怨みも呪いも呑みこんで今ここに!

  • 著者名:渋川紀秀葛西俊和
  • 発売日:2015年07月29日
  • 定価:本体640円+税
  • ISBNコード:9784801903890

発売日は地域によって前後する場合があります。

立ち読み

公式サイト

購入サイト

下記ネットショップよりお選び下さい。

ページトップへ