文庫

稲川淳二の怖すぎる話 北側の扉が鳴る

【商品内容】

「誰かが死ぬとき、北側の扉が鳴り、花の首が折れる。」稲川の祖母が口癖のように言っていた言葉……そして、明け方に電話が鳴ったとき、何かが起こる。表題作『北側の扉が鳴る。』ほか、『恐怖の現場』で稲川自身が体験した話など珠玉の15編を収録!すべて書籍初登場!!極上の恐怖が、あなたを眠れなくする……。

  • 著者名:稲川淳二
  • 発売日:2006年05月30日
  • 定価:本体552円+税
  • ISBNコード:9784812426968 ( 旧ISBNコード:4812426960 )

発売日は地域によって前後する場合があります。

立ち読み

公式サイト

購入サイト

下記ネットショップよりお選び下さい。

ページトップへ