文庫

没落令嬢は不眠皇帝陛下の抱き枕になりまして

【商品内容】

祖父が反逆罪に問われたことで没落した伯爵家のフォスティーヌは遠縁の子爵家の養女となり静かに暮らしていたが、推薦により皇帝オリヴィエの身の周りの世話係の候補になり選ばれて彼の添い寝係になる。

「口づけしていいだろうか? あなたの唇は砂糖菓子みたいに甘くて、なんて心地よいのだろうね」

一線は越えないと言いつつ彼女に甘く触れてくるオリヴィエ。密かに慕っていた皇帝の優しい誘惑に揺れ動くフォスティーヌは!?

* * * * * * * *

クールな皇帝×癒し系令嬢

「いやらしいのにあどけない表情――あまりに罪だ」
皇帝の添い寝係なのに毎夜触れられて気持ちよくされてしまって!?

発売日は地域によって前後する場合があります。

立ち読み

公式サイト

購入サイト

下記ネットショップよりお選び下さい。

ページトップへ