文庫

母と娘 ―ふたつの秘悦―

【商品内容】

若肌と熟肌の淫らな競宴!
息子の嫁とその母…艶女二人とひとつ屋根の下で。

脱サラしてアジア料理店を経営する富永修一は、妻に先立たれたが、息子の祐介と嫁の景子、さらに離婚していて独り身の景子の母・亜矢子も迎え入れて四人で暮らしていた。
そんな中、息子が大阪に長期出張になり、家は修一と母娘三人に。二十三歳で清楚な美貌を持つ若嫁の景子と、四十三歳で熟れ切った色香を放つ亜矢子の母娘に対し、徐々に惹かれていく修一だった。
さらに二人は、経営の芳しくない修一の店を手伝うことになり、ベトナムの民族衣装「アオザイ」を身に纏い、セクシーな姿で給仕をするようになる。修一は美しい母娘にますます魅了されていき、遂には…。

若肌と熟肌が誘う、かつてない絶頂を描いた書き下ろし回春エロス!

  • 著者名:霧原一輝
  • 発売日:2010年07月26日
  • 定価:本体648円+税
  • ISBNコード:9784812442531

発売日は地域によって前後する場合があります。

立ち読み

公式サイト

購入サイト

下記ネットショップよりお選び下さい。

ページトップへ