文庫

ふたりの未亡人 −禁惑の白肌−

【商品内容】

小野民雄は妻に先立たれたが、同居する息子夫婦と平穏に暮らしていた。だが、半年前に息子・啓介が仕事の失敗を苦に失踪。現在も行方知れずで、嫁の奈々美は未亡人同然の境遇になってしまう。
奈々美とふたりで啓介の帰りを待つうちに、民雄は清楚な若嫁である彼女に禁断の情欲を覚え始めていく。
そんな中、奈々美は家で茶道教室を開いて働きたいと言い、気晴らしになればと民雄を了承する。そして、彼女の叔母で茶道の師匠でもある久仁子が、教室が軌道に乗るまで住み込みで手伝うことに。
久仁子は四十路で、美熟の未亡人だった。はからずも、魅惑の未亡人ふたりとひとつ屋根の下で生活することになった民雄は…。

妖艶なる美女たちとの秘戯!麗熟の肢体に溺れて…。
俊英が描き出す超刺激的な禁惑エロス!

  • 著者名:霧原一輝
  • 発売日:2010年02月25日
  • 定価:本体648円+税
  • ISBNコード:9784812441084

発売日は地域によって前後する場合があります。

立ち読み

公式サイト

購入サイト

下記ネットショップよりお選び下さい。

ページトップへ