文庫

ダリア・ミッチェル博士の発見と異変 世界から数十億人が消えた日

【商品内容】

本書は2028年に刊行された、2023年に全世界で発生したパンデミックの謎をジャーナリストであるキース・トーマスが追ったノンフィクションである――。

銀河系のはるかかなたの天体から届いた謎の信号によって人類のDNAがハッキングされ「エレベーション」という症状を引き起こす感染症が蔓延。世界的なパンデミックが発生する。

5年後、ジャーナリストのキース・トーマスが、信号を発見した女性科学者をはじめ対策本部、政府高官らへのインタビューや議事録をまとめたのがこの本である。果たして信号はエイリアンからの友好のメッセージか、侵略兵器なのか?

ファーストコンタクトをテーマにした異色のモキュメンタリーSF。

発売日は地域によって前後する場合があります。

立ち読み

公式サイト

購入サイト

下記ネットショップよりお選び下さい。

ページトップへ