文庫

天才感染症 下

【商品内容】

未知の菌の力によって知能が飛躍的に向上したニールの兄ポールは、アルツハイマー病の父チャールズまでも菌に感染させ、ともに病院から姿を消してしまう。

菌に感染して以来、ポールの行動は明らかに不自然だ。兄への不信を胸に、父を探すためアメリカへと帰国したニールだったが、無事に保護した父から衝撃の事実を聞かされる。

時を同じくして、菌の感染者によって勢力を拡大したブラジルの反政府組織<リガドス>が台頭。不可解とも思える拡散力で、ブラジルだけでなくアメリカ国内までをも混沌に陥れる。NSAにもその余波が押し寄せ、ニールによって解読されたリガドスの通信の暗号形式が次々と別のものに切り替えられ、事態は混乱を極めていく。

菌の感染とともに影響力を拡げるリガドスの脅威は、世界規模の危機へと発展する。そしてその背後には、暗躍するポールの影があった。ニールが菌と人との狭間に揺れている間にも、リガドスはついにアルバカーキの核弾頭貯蔵施設へと侵攻を開始する。

ウォール・ストリート・ジャーナル「ベスト・ブック・オブ 2017」SF部門 年間第1位!

発売日は地域によって前後する場合があります。

立ち読み

公式サイト

購入サイト

下記ネットショップよりお選び下さい。

ページトップへ