文庫

メイフェアの不運な屋敷に幕は下り

【商品内容】

有能なる執事と使用人たちの物語、これにて閉幕。
“不運な屋敷”で働く使用人たちには夢があった。執事もメイドも料理人も、みんな使用人をやめて宿屋を買い、家族のように暮らしていきたいという夢が。その夢まであとすこし。お金も貯まり、あとは良い物件を見つけるだけだった。

“不運な屋敷”の持ち主であるぺラム公爵が戦争から戻って遂に屋敷にやってくると知った使用人たちは、いままで彼らを苦しめていた屋敷の管理人の不正を公爵に訴えようと考える

ところが、同じ通りにやってきた、ちょっぴりうぬぼれた令嬢の起こす騒動に公爵と一緒に巻き込まれてしまう。そして使用人たちは、それぞれのほんとうの夢を、進む道を考えるように……。

表題作ほか、「メイフェアの優しい悪女」を収録したシリーズ最終巻!

発売日は地域によって前後する場合があります。

立ち読み

公式サイト

購入サイト

下記ネットショップよりお選び下さい。

ページトップへ