文庫

砂漠の黒い瞳にとらわれて

【商品内容】

1895年オスマン帝国。アメリア・ライダーはアメリカからコンスタンティノープルに住む伯母ベアトリスの家へ向かっていた。両親が事故で亡くなり、遺言で伯母を後見人に指名していたためだった。ほとんど知らないベアトリスと、しかも異国で暮らすことに不安なアメリアを、さらに予想もしなかった運命が待っていた。乗っていた馬車が反乱軍に襲われ、首領のマリクにさらわれてしまったのだ。マリクたちはオスマン帝国の王スルタンの圧政に抵抗しており、資金稼ぎのために西洋人が乗った馬車を狙ったのだ。
奴隷として売り飛ばされると覚悟を決めたアメリアだったが、なぜかマリクは彼女を売らずにそばにおく。自分をさらった男に反発しながらも、やがてアメリアは彼に秘められた哀しみと誇りを知り、心を通わせ始める……。
さらわれた令嬢と復讐に燃える黒い瞳の戦士が運命に翻弄される、砂漠を舞台にしたヒストリカルロマンス。

発売日は地域によって前後する場合があります。

立ち読み

公式サイト

購入サイト

下記ネットショップよりお選び下さい。

ページトップへ