文庫

伯爵の花嫁の無垢なあやまち

【商品内容】

17歳の花嫁クレアは、結婚式の夜、夫であるウエストクリフ伯爵を恐れるあまり、ある<あやまち>をおかしてしまう。本の数日、心の準備が整うまで初夜を迎えるのを延ばしたいという無邪気な計画だったが、ウエストクリフは激怒し、夫妻はそのままロンドンと田舎の屋敷に別れて暮らすこととなった。ウエストクリフは結婚に関心がないように振舞っていたが、本当は温かな家庭を築くことを夢みていたのだ。後悔にさいなまれながら、クレアはそれから領地の管理だけを生きがいに暮らした。
――3年後、クレアはロンドンへと向かった。下劣な男と結婚させられそうになった妹のベスを守るため、社交界デビューさせ、1シーズン以内に良い夫を見つけてあげなくてはならない。そのためにはクレア自身もロンドンにとどまり、妹に付き添う必要があった。さらに彼女にはもうひとつ、目的があった。それは失ってしまった夫の心を取り戻すこと。与えられた期限はわずか数ヵ月。はたしてふたりは本当の夫婦になれる日はくるのか?

発売日は地域によって前後する場合があります。

立ち読み

公式サイト

購入サイト

下記ネットショップよりお選び下さい。

ページトップへ