文庫

夜明けの窓から口づけを

【商品内容】

1804年、ロンドン。令嬢サラは義理の弟を殺した罪で裁判にかけられ、新聞(クーリエ)で糾弾された。裁判では無実を勝ち取ったが真実は明かされないまま。3年後、サラは家族を守るため、便宜結婚の相手を探そうとバースへと向かう。ところが旅の途中、宿の窓から、見知らぬ紳士が飛び込んできた!この男性はいったいー?混乱しつつも熱いキスを交わしてしまうサラ。実はこの紳士こそ、サラを非難した新聞の社主で侯爵家の長男マックスだった。やがてサラの正体に気づいたマックスは、真相究明のために正体を隠して後を追い、こともあろうに自分が便宜結婚の相手になると言い出すが……。3年前の真実とは?そして反発しつつも惹かれ合う二人の恋の行方はー?エリザベス・ソーントンの描くロマンティック・ヒストリカル・サスペンス。

発売日は地域によって前後する場合があります。

立ち読み

公式サイト

購入サイト

下記ネットショップよりお選び下さい。

ページトップへ