書籍

僕らの大きな夢の絵本 宮古市赤前の子どもたち

【商品内容】

子供たちが大人を元気づけた。
赤前の子供たちが作った大きな夢の絵本

震災から2年、名ばかりの復興が報じられているが、現実の復興は遅々として進んでいない。仮設住宅での日々の暮らしや職を失い、未だ日常を取り戻せない被災者たちの不安な思いは現在も続いている。宮古湾を望む高台にある赤前小学校の子供たちもそれぞれに震災で多くの傷をかかえた。津波で家を流され、家族を失った子供たち。そしてその多くの子供たちは震災後2年が経っても仮設住宅に住み、不自由な日々の暮らしを続けている。
震災後、数多くのボランティアが被災地を訪れ、被災者のために活動した。「僕たちの夏休みプロジェクト」もそんなボランティアグループの活動の一つである。震災後、自分たちでできる事は何かないだろうかと考えた東京の学生たちが、希望をなくした子供たちに「笑顔を取り戻させるために」と活動は始まった。徐々に賛同者を広げ100名以上のネットワークを作り、2011年の8月に地元で子供たちを元気づけるお祭りを開き、以後も地域の住民の賛同を得て活動は続いている。本書は学生たちが子供たちとのコミュニケーションを通して感じた、子供たちの力強さや、その活動を通して子供たちが描いた将来への「夢」と「希望」の絵をまとめたノンフィクションである。子供たちが前を向いて進む姿は子供たちが綴った大人たちを元気づけるメッセージでもある。また、子供たちの絵をもとに作成したアニメ&ドキュメンタリー映像のDVD付。

発売日は地域によって前後する場合があります。

立ち読み

公式サイト

購入サイト

下記ネットショップよりお選び下さい。

ページトップへ