書籍

男社会がしんどい 〜痴漢だとか子育てだとか炎上だとか〜

【商品内容】

働けなくて苦しい、働かなきゃいけなくて苦しい…。保育園不足問題のときも、コロナのときも、国は助けてくれない。

性暴力の裏にも被害者を黙らせる、都合のいい法律があった。

私たちに理不尽を押し付けてくる日本。根深い男社会。

* * * * * * * *

「痴漢」でなぜか、被害者が責められる
「女性が働く」ことをよく思わない人たち
「エロを潰そうとするモンスター」に仕立て上げられ炎上する著者

女性の話に聞く耳を持たない社会――。

【目次】

はじめに 

<第1章 痴漢犯罪はなぜなくならないのか> 

第1話 痴漢被害に遭う中学生を放っておく大人たち
第2話 痴漢犯罪がなくならない理由のひとつ 
第3話 痴漢はなぜ痴漢をするのか
第4話 「防犯意識が低い」と責任転嫁される女子高生 
第5話 知らずのうちにみんなで痴漢犯罪を伝承させている 
第6話 被害者たちの黙る歴史 
第7話 「痴漢加害者のほうが大変だ」という凶暴な主張
第8話 明治の女性差別が平成にも残ったまま 
第9話 痴漢の頭の中 

<第2章 女が家事育児する前提で作られた社会>

第10話 女性差別なんてあるわけないと思ってた 
第11話 どうして女が仕事をやめなきゃいけないの? 
第12話 「保育園が足りない問題」の奥に潜むもの  
第13話 土の中にいた母たちの時代 
第14話 女同士を対立させ根本的な問題から目を逸らせる 
第15話 「保育園落ちた日本死ね」の正しさ 

<第3章 男の利権をつぶすおばさんに仕立て上げられ炎上>

第16話 コンビニの成人誌コーナーはおかしい 
第17話 女性を虐める性的ジャンルが「健全」とされる男社会 
第18話 伝え方を変えてみたら大変なことに 
第19話 男社会には伝わらない

  • 著者名:田房永子
  • 発売日:2020年05月28日
  • 定価:本体1,000円+税
  • ISBNコード:9784801922624

発売日は地域によって前後する場合があります。

立ち読み

公式サイト

購入サイト

下記ネットショップよりお選び下さい。

ページトップへ