コミック

記憶の怪物 (1)

【商品内容】

三ヶ月前に兄・千晴を事故で亡くした千澄。兄の死に苦しむ日々を送っていたところ“記憶”を糧に故人へ擬態するという人工知能擬態生物「ハピネス」の存在を知り、もう一度千晴に会えるならと実験モニターに申し込むことに。

ハピネス・型番RE614を起動するとそこに現れたのは見た目は千晴そのもののクローン人間で――。

主食である、千晴の「記憶を有するもの」を与える度に外見だけでなく中身まで兄に近づいていくRE614に不安を覚える。このまま大切な思い出を食い尽くされてまで、RE614(ニセモノ)を生かし続けることに意味はあるのか…? 千澄は自分の気持ちがわからなくなり――。

* * * * * * * *

「二度と会えない人に…また会いたいですか?」

“RE614”――兄のカタチをした擬態生物。兄の『記憶』を食べるたび、ソレは大切な人になっていく。果たしてその存在は、本物か偽物か――

台湾で話題沸騰
究極の兄弟愛を描いた作品が1、2巻同時発売!!

  • 著者名:MAE
  • 発売日:2020年04月27日
  • 定価:本体660円+税
  • ISBNコード:9784801969582

発売日は地域によって前後する場合があります。

立ち読み

公式サイト

購入サイト

下記ネットショップよりお選び下さい。

ページトップへ